炊飯器の上手なお手入れ術

炊込みご飯などを炊いたあと、内がまのにおいが気になる
ことはありませんか?そこでにおいを上手に抑えるコツを
ご紹介します。

①内がまに三分の一くらいの水を入れ、
 蓋を確実に閉める。

②炊飯ボタンを押して、一定時間沸騰させた
 あとに炊飯を切る

③冷めたら内がまを取り出して水洗いする。
 なお、内ぶたやパッキンの間などに米粒などが
 ついているとにおいの原因になるので、
 使用後は毎回お手入れすることをおすすめします。

 ※操作方法や沸騰時間については商品によって
  異なります。
  お手持ちの取扱説明書を必ずお確かめください。


— posted by yamada at 05:51 pm  

マフラーとストールとショール

マフラーは、防寒用の細長い襟巻。
毛糸を編んだものや厚い生地のものが多いですね。
ストールは、本来は肩掛けで、マフラーよりも生地は薄く、
幅が広くて長いものが多いです。
季節によって適した生地を選ぶことで、
オールシーズン利用できます。
ショールは、ストールよりも大判で厚手のものをショールと呼ぶ
ことが多いです。三角形に折って肩に掛けたりします。
いずれもいわば1枚の布ですが、重宝に使え、
ファッションのアクセントになりますね。


— posted by yamada at 11:47 am  

綺麗に咲きほこっています。


IMG4168



夏は暑くて花数も少なかったのですが、
涼しくなり沢山の花を咲かせている
我が家のマリーゴールドです。

— posted by yamada at 05:10 pm  

 

オーガニックコットン

「オーガニックコットン」とは、有機栽培さあれたコットン(綿花)のことで

◎化学農薬・化学肥料を3年以上使っていない土壌で栽培されている
◎遺伝子組み換えの種子、化学農薬・化学肥料などを用いず、
 有機肥料のみで栽培された綿花から採取されたコットン

であるなどの条件をみたしていることが定められています。

見た目は、漂白処理をしていないので、綿の本来の色である
生成り色をしていたり、表面に黒い斑点(綿花の葉や茎の一部)が
あったりします。

肌触りがやわらかく、ふわっとしており、冬は、コットンの繊維の間に
閉じ込められている空気が体温を外へ逃がさなので、暖かさを保つ
メリットがあり、夏でも涼しく、サラッとした肌触りを感じることができます。

— posted by yamada at 04:00 pm  

「お茶の時間」でホツとしよう!

家事や仕事の合間のティータイム。紅茶やハーブティーを飲むなら、
ぜひポットでいれましょう。
ポットの中で茶葉が上下に動く「ジャンピング」をすることで、
味や香りが引き出さらます。
ハーブティは、気分に合わせて自分なりのブレンドを楽しみましょう。
お部屋に広がる香りも優雅な時間を演出しますね。

— posted by yamada at 05:25 pm  

prev
2018.12
next
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

空メールをお送りください。
やまだでんきのお得な情報をお届けします。

T: Y: ALL: Online: