ご飯の上手な保温術

保温したご飯が黄色く変色したりパサつくとお悩みの方、
多いのではないでしょうか?
その原因は、炊飯前・炊飯後の両方にあります。
ぬか分が残っていると変色の原因になる場合があるので、
しっかり洗米して下さい。
炊き上がったら約15分以内に底から良くほぐして余分な
水分を逃がし、なるべく24時間以内に食べ切りましょう。
また、うっかり「保温切」のまま長時間ご飯を入れた
ままにすると、べとつきや変色、腐敗の原因になることが
ありますのでくれぐれもご注意を。
さらには、内釜についた米粒を取り除くなど炊飯器の
お手入れもお忘れなく。

— posted by yamada at 06:53 pm  

春のおとずれ

1490425394_IMG5380




一足早く春が訪れました。

— posted by yamda at 04:03 am  

家電製品を活用して花粉を撃退しよう

2月に入ったころから全国的に飛散し始めるスギ花粉。
3月以降はハンノキやヒノキなどの花粉も加わり、
花粉症に悩む方にはつらい季節ですね。
でも花粉なんかにまけていられません!
今回は、家電製品を上手に活用した花粉の撃退法をご紹介します。

まずは掃除機。
花粉は比較的重量があり、室内に持ち込まれた花粉が
部屋のなかでまいあがることは少ないようです。
外から持ち込んだ花粉も10~15分後には
ほとんどが床に落ちるといわれており、床の掃除はとても重要です。
掃除機のかけ方は、1平方メートルあたり20秒ほどの時間をかけて
しっかり吸引することがポイント。
とくに部屋の隅は花粉やホコリがたまりやすいので、
細いノズルに替えてすみずみまで念入りに吸い取りましょう。

さらに、エアコンや加湿器で室温や温度、
掃除の時間帯にもきを配るとより効果的です。
花粉を舞い上がりにくくするため、
室温を20~25度・湿度を50%程度に調節。
花粉の飛散は9時~15時くらいがピークなので、
朝のうちにに床の花粉を除去してしまいましょう。

空気清浄機も強い味方です。
晴れた日は花粉の飛散量が増すので、
外に干した洗濯物を取り込む際に空気清浄機のスイッチをON。
付着した花粉が部屋に舞い上がらないようにすると、
お掃除の効果がさらに上がります。

— posted by yamada at 11:11 am  

アンコールワット

IMG5004



お仕事仲間で行ってきました。
上段夕方の水面に映るアンコールワットと夕日
下段アンコールワットの朝日(ご来光)

— posted by yamada at 11:22 am  

手作業のすすめ

手先を動かす作業に没頭すると、
手先から脳え新しい刺激が増えて、
活性化に役立つそうです。
例えばペン習字や、
丁寧に針を運んでいく刺しゅう、
大人向けの塗り絵なども楽しいですね。
また鍋をピカピカに磨くなど、
家事に集中するのもいいそうです。
無心になって手を動かしてみましょう。

— posted by yamada at 08:36 am  

prev
2018.12
next
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

空メールをお送りください。
やまだでんきのお得な情報をお届けします。

T: Y: ALL: Online: